【プロテイングラノーラ】タンパク質豊富な朝食の食べ方を紹介

食事

この記事は、『朝食からタンパク質をしっかりとりたいけど何を食べればよいのかわからない。』『プロテイングラノーラの成分や食べ方がわからない』といった疑問に答えます。

グラノーラは栄養をしっかり取ることができ、朝食に最適であり、サラリーマンにとってはピッタリな朝食となっています。

グラノーラとプロテイングラノーラの違い

まず、プロテイングラノーラについてご紹介します。

皆さんはグラノーラとは一度は聞いたことはあるでしょう。グラノーラとは穀物やナッツなどが含まれているシリアルの一種です。

主に、ダイエットや健康食品の一つとして朝食などに取り入れられているグラノーラですが、今では高たんぱくなグラノーラであるプロテイン・グラノーラという食品が販売されています。

通常のグラノーラとの違いはたった一つ、タンパク質が多く含まれているということです。

朝食に最適

プロテイン・グラノーラは朝食に最適な食品です。その理由としては下記の3つが挙げられます。

  • タンパク質が多く含まれていている
  • 食べやすい
  • 準備や食べるのに時間がかからない

まず一つ目の「タンパク質が多く含まれている」について、朝起きた時は体の中の栄養はカラカラの状態です。

人間の体は栄養がないと筋肉を分解してしまうため、できるだけ朝にはタンパク質などの栄養を欲している状態となっています。したがって朝に高たんぱく質なプロテイン・グラノーラを食べることは効果的であるということです。

二つ目の「食べやすい」ですが、人によっては起きてすぐの状態で、昼食や夕食と同様にたくさん食べることが得意でない人もいるでしょう。

私も朝の状態では、固い食べ物を食べたりするとすごく時間がかかってしまったりします。そういったことも踏まえてグラノーラは牛乳に入れてコーンフレークのように食べられるので、朝食として食べやすいです。

三つ目の「準備や食べるのに時間がかからない」ですが、基本的にグラノーラは容器に入れて牛乳を入れて食べるだけなので、食べる準備にほとんど時間がかかりません。

さらに、二つ目の理由でも書きましたが、食べやすいため、食べるのに時間がかかりません。

これら三つの理由からプロテイン・グラノーラは朝食としておすすめです。

おすすめメーカー

プロテイン・グラノーラにもいくつかのメーカ0で販売されています。その中でもおすすめのメーカーを紹介していきます。

まず簡単に3社のプロテイングラノーラを比較した表をご覧ください。

マイプロテイン カルビー ケロッグ
1食当たりの分量 40g/1食 60g/1食 60g/1食
1食当たりの牛乳量 150ml 200ml 200ml
1食当たりのタンパク質 8.1g 12.1g 12.1g
味の種類 3種類 1種類 1種類
1食当たりの値段の目安 約210円 約100円 約100円

※HP参照

ではこの表をもとに1社ずつ特徴を見ていきましょう。

マイプロテイン

一つ目は、マイプロテインです。

マイプロテインの特徴は味の種類が豊富であることでしょう。味は現在、下記の3種類があります。

  • アーモンド&ハニー
  • ラズベリー&ブラックベリー
  • チョコレート

もし味に飽きた時でも、マイプロテインなら違う味を楽しむことが可能です。また値段が他社に比べて高いように見えますが、マイプロテインはHPで良く割引を行っているので、安く購入することができます。

※新規でアカウントを作成される方は、初回購入時に「 MIIG-R2 」左記のコードを入れていただくと500円割引になります。

カルビー

二つ目はカルビーです。カルビーのプロテイングラノーラ(商品名はグラノーラプラスプロテインin)は値段も安くタンパク質量が多いためお勧めです。

また、味の種類は1種類ですが、タンパク質だけでなく鉄分などに特化したグラノーラがあるのも特徴です。

ケロッグ

三つめはケロッグです。 タンパク質量は値段はカルビーと同様です。

しかし、ケロッグの特徴は大豆プロテインであることからビタミンなど各種栄養素が豊富であり、脂質が少ないものとなっています。

サラリーマンにおすすめ

最後にプロテイングラノーラがサラリーマンにおすすめな理由をまとめておきます。

  • 朝にあまり時間がなくても食べられる
  • 必要な分の栄養を朝にしっかりとることができる
  • 値段も比較的安い

以上のことからサラリーマンにとってプロテイングラノーラは最適な食品となっています。皆さんもぜひ一度、生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました